海水から水素燃料を低コストで抽出できるナノ材料を開発 - UCF | マイナビニュース

セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、海水から水素燃料を低コストで取り出すことのできる新規ナノ材料を開発したと発表した。光触媒と二次元系材料の複合材料であり、紫外から近赤外までの幅広い波長の光を利用して、海水から水素を生成できるという。研究論文は、「Energy & Environmental Science」に掲載された。 薄膜状のTiO 2 光触媒の表面にナノスケールの空洞を多数形成...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hozho@hatena 2017/10/13 15:00:57
「セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、海水から水素燃料を低コストで取り出すことのできる新規ナノ材料を開発したと発表した。」
2tk18@hatena 2017/10/13 20:00:43
20171013//海水から水素燃料を低コストで抽出できるナノ材料を開発 - UCF//
3mcgomez@hatena 2017/10/14 13:20:18
すごいな。うまくいったら光触媒で藤嶋昭教授がノーベル賞いけるんちゃうか。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-13 07:56:01:1507848961:1508367433
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応