ASL872439L87ULFA001.html

米ワシントンで9日(日本時間10日)に始まる日米の通商協議(FFR)で注目されるのは、米国が以前から求める牛肉など農産物の輸入拡大の議論だ。国内生産者らは関税引き下げなどを警戒するが、外食産業などからは期待する声が出る。 外食産業は、市場開放となれば米国産牛肉を安く調達できる可能性がある。 ペッパ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1takehikom@hatena 2018/08/10 08:33
タイトルだけ見て「いきなり!ステーキ」の便乗記事かと思ったけど本文にも写真にも「いきなり!ステーキ」/そういえば「いきなり!ステーキ」の肉の単価はよく上げ下げしている
2straychef@hatena 2018/08/10 09:45
肉はどうでもいいが果実やらが安くなるならいい
3jt_noSke@hatena 2018/08/10 11:18
まぁ素敵! と喜べる人と喜べない人がいる
4onedragon@hatena 2018/08/10 12:04
いきなり狂牛病
5poko_pen@hatena 2018/08/10 12:08
見出し狙い過ぎ感
6migrant777@hatena 2018/08/10 12:19
いきなりステーキのステマ。
7agrisearch@hatena 2018/08/10 12:43
「米国が以前から求める牛肉など農産物の輸入拡大の議論だ。国内生産者らは関税引き下げなどを警戒するが、外食産業などからは期待する声が出る」
8p8q@hatena 2018/08/10 19:00
"肉牛生産の現場では近年、黒毛和牛の繁殖農家が減少。乳用牛にも黒毛和牛や交雑種を産ませることが増え、子牛の値段が高騰している"。駄洒落は(AERA然り)朝日のお家芸にしてもレベルは低い。
9rinotakabe@hatena 2018/08/10 23:11
いきなりステーキで草
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 00:51:01:1533829861:1534637121
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応