アベマ、ネトフリ、アマゾンが激突する「恋愛リアリティショー戦国時代」 | BUSINESS INSIDER JAPAN

2018年の春シーズン。Netflix(ネットフリックス)、AbemaTV(アベマティーヴィー)、Amazonプライム・ビデオといったオンラインの動画配信サービス(動画サービス)でも、続々とオリジナルの新番組が始まっている。 中でも目立つのが、恋愛リアリティショーの数の多さだ。なぜ、恋愛リアリティショーは“動画世代”の心を射止めるのか? 複数の関係者の話を元にまとめた、動画サービスの恋愛リアリティ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kaanjun@hatena 2018/04/17 11:54
abemaで広告が出るたびに反吐が出る。はやく絶滅してほしい。
2sumyun34@hatena 2018/04/17 12:42
“蓙谷香乃”
3patagonia7@hatena 2018/04/17 12:45
リアリティーショーものは昔からあるけど、配信サービス系との相性は良さそう。
4alcoolalcho@hatena 2018/04/17 13:40
Hulu息して
5kiichi55@hatena 2018/04/17 13:49
評判いいよね
6mikoyu263@hatena 2018/04/17 17:28
Popの歌詞とかもそうだけど、思考において恋愛の占める比率が高すぎやしませんかねぇ。/性別の問題なのか、年齢(世代)の問題なのか、それとも単に自分が少数派なのか。
7htnma108@hatena 2018/04/17 20:21
30代・リアルの場所が空いてるけど、、、
8usausau-tan@hatena 2018/04/17 21:51
テラハとバチェラー観てるけど、バラエティーとしてかなり面白い。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 02:18:03:1523899083:1531852839
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応