経済学の批判者が見逃しているもの - himaginaryの日記

14日エントリ で小生は、ガーディアン紙の経済学批判記事を取り上げ、最近の潮流からすると今更感のある記事、と評した。小生の言う最近の潮流は、主にノアピニオン氏が以前にブルームバーグ論説で紹介した経済学の傾向を指していたが、当のノアピニオン氏が14日付けのブルームバーグ論説で当該のガーディアン紙記事を 批判した 。以下はその冒頭。 At this point, blanket critiques o...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1bjqrn063@hatena 2017/07/16 11:03:53
いつ暴落するかって、バレた時だしな。
2maturi@hatena 2017/07/16 19:43:47
ゾンビかな 死んだはずだよ 何度目だ
3vanbraam@hatena 2017/07/16 19:45:52
big dataに基づく計量経済学は,(特にミクロな領域では)実際に役に立つ=資本効率を高める成果を生んでいるのかもしれない.しかしそれが本当に"正しい"のかどうかはわからないと思う. cf.b:id:entry:334664930
4gruza03@hatena 2017/07/16 22:56:53
経済学者は自由市場イデオロギーの司祭と見做され、そのイデオロギーの欠点が熱心にあげつらわれる。経済学は流行り廃りの循環で推移するものと説かれる。
5k_oniisan@hatena 2017/07/17 01:14:02
理論と現実が一致しないとき、現実が間違っていると言い張るのが経済学者だという皮肉に、経済学者が早く逆襲できるようになれるといいですね。
6toraba@hatena 2017/07/17 11:20:39
学問としてやってる分にはいいんだけど、実際の経済政策に落とし込むから批判されるわけで・・・逆にいえばそれで得する人間が経済学者を利用してるとも言える
7yasudayasu@hatena 2017/07/21 20:11:21
経済学という学問に対する包括的な批判は、どのように展開するかを極めて容易に予想できるほど標準化されたものとなった。しかし今やその決まり文句は些か陳腐化した感がある。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-16 15:38:01:1500187081:1511279194
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応