チープな「手作りのドローン」がなぜ各国の軍隊の脅威となっているのか? - GIGAZINE

テクノロジーの進歩によってドローンが一般化し、身近で手に入るものを使って低コストで作れるようになってきています。しかし、これまでアメリカ軍などはサイズの小さなドローンから一気に攻撃されることを想定しておらず、既存のシステムでは防衛しきれない可能性が出てきています。 Home-made drones now threaten conventional armed forces - Drones an...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Barton@hatena 2018/02/13 07:02
ミノフスキー粒子の開発はよ。というか、目視戦闘が今後は脅威になりそうだな。後、散弾の方が役に立つ、と。
2i-komo@hatena 2018/02/13 12:50
ガンダムで例えれば、まさに一年戦争初頭のMS出現に相当か。MSは金かかってそうだけど。//局所的にでかい電磁妨害波で内蔵LSIを焼き切るようなEM-Bomb(またはアンテナで照射)がよさそうな気がする。面だよ、面!
3Kuw@hatena 2018/02/13 12:50
“レーザーをドローン迎撃に利用” ゴジラは正しかった。
4Iridium@hatena 2018/02/13 12:54
小型ドローン爆撃が戦闘の主体になりそう。研究と生産が必要だし、対策も用意しなくては。ドローン撃墜用のミサイル必要かも
5TequilaBancho@hatena 2018/02/13 12:57
シン・ゴジラ的ドローン迎撃法。
6zions@hatena 2018/02/13 19:24
全般的にいい加減な記事だ。GPS妨害下で自律飛行するのにどれだけコストがかかるのか等。信じてはいけない。
7totoronoki@hatena 2018/02/13 21:25
日本の風船爆弾テロも似たようなもんか。
8hnt4@hatena 2018/02/13 21:29
ファンネルっぽい動きまで出来るといいなぁ。
9taro-r@hatena 2018/02/14 14:21
こりゃー,バリアみたいのが要るなぁ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-13 11:48:01:1518490081:1534272257
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応