ジュエリー勝ち組「4℃」が下方修正した真因 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

販売低迷が続くジュエリー業界にあって、“最後の勝ち組”といわれてきた4℃ホールディングス(ヨンドシーHD、以下4℃)が2008年2月期以来、10年ぶりの営業減益に陥る見通しとなった。 4℃は1月9日、2017年3~11月期(第3四半期)決算と同時に、今2018年2月期の通期業績見通しを下方修正。6期連続の過去最高を見込んだ従来予想の営業利益68.5億円から、同61.5億円(前期比5.8%減)になる...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1keisolutions@hatena 2018/01/13 09:02
4℃とか見ても黒歴史しか思い出さない。明るいイメージがない。でしゃばりな位置にお店あるし。
2sakuya_little@hatena 2018/01/13 11:41
クリスマスになるとヤフオクやメルカリに大量の未使用品が並ぶのもブランド価値を下げてると思う。 「安いから気軽に贈り、安いから貰っても転売する」っていう。 それを知る人は店頭で買うのを躊躇うでしょ。
3John_Kawanishi@hatena 2018/01/13 17:59
pic.twitter.com/4HOg5yQjtk
4Outfielder@hatena 2018/01/13 23:19
どこかの人が「クリスマスに4℃のアクセサリーを貰って喜ぶ女はチョロい」とか炎上狙いで不愉快なこと撒き散らしたのが悪い
5sutannex@hatena 2018/01/14 07:11
やたらとネットでコケにされてて大丈夫なのかと心配になる。
6hiq4htqpghf3@hatena 2018/01/14 08:20
昔は人気あったんだけどね。ブランドに拘らなくなってきてるのかな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 07:00:01:1515794401:1529526162
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応