指がポキッと鳴る原理、数式で解明?気泡の崩壊が原因か:朝日新聞デジタル

指を引っ張ると関節がポキッ。1世紀以上前から論争になってきたこの不思議な音の原理がとうとう解明されたかもしれない。米スタンフォード大などの研究者が音が鳴る仕組みを数式で示し、英科学誌サイエンティフィックリポーツに発表した。 指が鳴る音は「クラッキング音」とも呼ばれる。関節に力がかかると、隙間を満たす液体中の圧力が変化し、たまった気泡がつぶれるときに音が鳴るという説が有力だ。 研究者らは、中指の第三...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1agrisearch@hatena 2018/06/13 22:26
http://www.afpbb.com/articles/-/3169308
2mizuotoha@hatena 2018/06/13 23:52
いままでに原因がわかっていなかったことに驚きました。
3jt_noSke@hatena 2018/06/14 10:45
ほ(そ)うかい
4mobanama@hatena 2018/06/14 17:00
"音の原因は小さな気泡の崩壊によるものと考えるのが正しい"サイエンティフィックリポーツ
5locust0138@hatena 2018/06/14 17:39
ケンシロウは気泡を鳴らしていたのか。/日本のメディアが科学記事で論文の出典を明記するのは珍しいな。優秀な記者なのかな。
6symbioticworm@hatena 2018/06/14 19:37
気泡が原因ではないかとは言われてたが、やっと説明が付いたのか。イグノーベル賞候補になったりしないかな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 13:59:01:1528865941:1529520029
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応