市職員のパワハラ死、大津市が賠償へ 遺族に800万円 上司から「何回同じこと言わすねん」、精神安定剤大量服用で死亡  - 産経WEST

大津市企業局の40代男性職員が課長補佐級の男性上司(55)から叱責を繰り返されるなどのパワーハラスメントを受け、精神安定剤を大量に服用して死亡した問題で、同市は14日、遺族に損害賠償金800万円を支払うことで合意したと発表した。  同市によると、男性職員は平成26年4月~27年3月の約1年間にわたり、週に2、3回、周囲に聞こえる大声で上司から「何回同じこと言わせんねん」など、非難のような注意を繰り...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1gui1@hatena 2018/02/14 22:55
精神安定剤メーカーが訴えられなくてよかった(´・ω・`)
2sca_fukushi-entry@hatena 2018/02/14 23:57
#フクシ・エントリ “約1年にわたり、週に2,3回、周囲に聞こえる大声で上司から「何回同じこと言わせんねん」など非難のような注意を繰り返し受けた。男性は27年3月、精神安定剤を大量に服用した後、急性心不全で死亡”
3kiku72@hatena 2018/02/15 01:31
“大津市企業局”どーゆー業界だよと思ったら役所だった
4keitone@hatena 2018/02/15 13:27
また名前も顔もださないのか
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 21:45:01:1518612301:1527420942
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応