メモ:三浦瑠麗氏の「大日本帝国が本当の意味で変調を来した二年間」のナゾ - 虚構の皇国 blog

■炎上した三浦氏のコメント 2017年8月12日、東京新聞で特集記事「気分はもう戦前? 今の日本の空気」が掲載された。この記事は「今の社会に、戦前のかおりがしないか」という問いかけで構成されたもので、ここに国際政治学者・三浦瑠麗氏が登場していた。「全否定は過去見誤る」と題されたコメント記事で、三浦氏は「「戦前回帰」を心配する方々が思い描く「戦前」のイメージに不安を覚えます」と嘆いてみせた。 彼女に...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1bt-shouichi@hatena 2018/02/13 11:06
「総動員体制の「完成」以前=その形成過程を、きわめて肯定的に「経済的に比較的恵まれ、今よりも世界的な広い視野を持った人を生み出せる、ある種の豊かな国家だったと考えています」といい切ってしまう」
2REV@hatena 2018/02/13 12:02
1930年(昭和5年)に濱口内閣が開始し、1931年に犬養内閣が中止した金解禁の2年間の話ではなかった。デフレで庶民は困窮、災害には無策で…
3Arturo_Ui@hatena 2018/02/13 13:12
「台湾の李登輝・元総統を見てください」って、大日本帝国が彼の全人格を作り上げたと本気で思ってるのなら、傲慢極まりない言い草だよな。日本が敗戦した後、戦勝国・アメリカにも留学してるのに(笑)
4el-condor@hatena 2018/02/13 14:41
太平洋戦争の敗戦を、明治体制の必然の帰結以外のものとしてどうしても解釈したい欲望があるんかねえ。
5quabbin@hatena 2018/02/13 15:42
戦前回帰を特徴づける方もアナロジーの検証が必要というのは同意。過激にすぎる。しかし、戦前を肯定的に捉える方もかなり根拠が怪しいのも確か。これ、維新後の歴史教育を軽視してきたツケと言って良いのかもなぁ
6quick_past@hatena 2018/02/13 17:29
まさに戦争は遠くになりにけりなんだろうなあ
7knagayama@hatena 2018/02/13 17:31
文系の小保方さん感
8wkatu@hatena 2018/02/13 17:40
『こうした帝国主義的な対外発展を「躍動的な成長」と表現できる三浦氏の感覚は、モロにイムペリアリスト』
9yajicco@hatena 2018/02/13 17:49
1920 ~1945あたりの日本の振る舞いってまさに「遅れてきた帝国主義国家」以外の何物でもなかったと思うんだがなあ
10haruyato@hatena 2018/02/13 17:57
朴正煕、全斗煥を見てください。彼等は皇軍や士官学校で日本精神を育まれた立派な独裁者で、今のあなた達の大好きな韓国の礎を築いたんですよ!
11nabeteru1Q78@hatena 2018/02/13 18:15
この人、なんで持て囃された(されている)のだろう。
12morimori_68@hatena 2018/02/13 18:23
要は植民地主義についてどう考えているかだ。とうてい世に出せるようなシロモノではなさそうだが…
13haruhiwai18@hatena 2018/02/13 19:38
"「フロンティア」ということで満洲と戦後のアメリカを並べ""、商品輸出市場としてしか植民地の意義を理解しておらず、収奪と利潤獲得のしくみが違うことも眼中にはない" →インペリアル―リー(マテ
14hdampty7@hatena 2018/02/13 19:40
元々の歴史の中での大日本帝国の置き方でいろいろ変わるよね。共産党支持者にすれば1925は完全に悪夢だもの。でも一般人には普通選挙開始の年。2,3年は短すぎると思うけれどもそれは変調前からクソって言ってるのよ?
15kjin@hatena 2018/02/13 19:48
“とりわけ湾岸戦争以降は、財政的のみならず、軍事的にも自衛隊の海外派兵が恒常化するなかで、わたしたちは事実上の〈戦時下〉を経験しているはずなのだから。”
16usutaru@hatena 2018/02/13 20:26
この記事、護憲派サヨクに特定して向けられた文脈だろう。っていうのも差っ引いても、「植民地主義」が頭からスッポリ抜け落ちてんだなあ、もちろん故意なんだろうけど。そこは気持ち悪い。
17k-akimaru@hatena 2018/02/13 21:03
右も左も、自分の言説に都合の良いものしか見ない。そして、相手の誤りを小さなものまで、それこそ重箱の隅をつつくようにあげつらう。
18mekurayanagi@hatena 2018/02/13 21:35
三浦瑠麗的に解釈すると「本当の意味で変調を来した三浦瑠麗」の出現はまだみたいだね。
19uehaj@hatena 2018/02/13 21:42
「戦前は悪の国」で、あの戦争で日本人は善なる平和人間に生まれ変わったのか?いや本質的には変わっておらず「時代がそうだから」で機会があったらまた戦争するのでなかろうか。人間が200万年そうであったように。
20toubanjanny@hatena 2018/02/13 21:42
日本史でも世界史でも、時間が足りないを言い訳にして近現代の歴史教育をしない対応取っちゃったからね。全世代で教養が不足してて議論が毎回飛んでいく感ある。(自分含む
21yzkuma@hatena 2018/02/13 21:57
あの手の絶対謝らない人に反論挙げても知名度アップに貢献するだけだよなー
22namawakari@hatena 2018/02/13 22:19
山之内 靖せんせに墓から出てきてもらってボコボコにされて欲しい。/“ある種の豊かな国家”でないと、731部隊みたいな、くのきるったものに多額の予算つけないですよねー。
23hotokatika@hatena 2018/02/13 23:56
三浦瑠麗氏が見聞きしたり所属する階層ではまるでたった二年で変調を来したように見えた。けど、一般底辺民にはそれよりもずっとずっと前の段階から違う景色が見えていた。ってパターン?
24lbtmplz@hatena 2018/02/14 00:31
本格的に煽りだした感
25q98@hatena 2018/02/14 01:29
帝国主義や植民地主義軍国ファシズムを崇拝する靖国を断捨離できないのは、こういった愛国ナルシシズム充足の為の歴史修正を許してしまうから
26shigak19@hatena 2018/02/14 01:40
割と素朴に三浦センセイに、どうして1943年なのかは聞いてみたいところ。本土空襲の本格化は1944年だし、戦局自体の悪化は1942年のミッドウェー・ガダルカナルから始まっているし
27uncorrelated@hatena 2018/02/14 02:26
1928年の張作霖爆殺事件ぐらいから、政治家や外交官が描いた「世界的な広い視野」からのプランを軍部が暴走して破壊していく、プランがあっても実行できないダメ体制:http://www.anlyznews.com/2017/08/blog-post_24.html
28greenT@hatena 2018/02/14 06:27
直近の発言から人的不審を勝ったけど言いたいことはわかる。世界恐慌とブロック経済で狂ってしまった日本を通常運行の状態だと認識すると色々分析を誤ると思う
29fn7@hatena 2018/02/14 08:43
歴女(死語?)に権威持たせて歴史修正。失敗したらトカゲの尻尾。なーんてな
30kaos2009@hatena 2018/02/14 09:53
“「大日本帝国が本当の意味で変調を来し」という表現は、「変調」をきたしていない〈あるべき大日本帝国〉像を歴史に投影し、ラスト2年間をそこからの逸脱として切断してみせるしぐさ”
31Gl17@hatena 2018/02/14 16:44
曖昧な事実認識&手前勝手なオレ解釈で、事実と切断した"歴史観"を造る三浦節、細かい材料が「正」だから…で肯定できる思想では全くない。共謀法等に対し「今は無害」として批判聞かない人らの発想とも似てる。
32aomeyuki@hatena 2018/02/14 16:59
寧ろこういう雑だから感情に響く話ほど、大衆や社会に受け入れられやすいという事が問題なのだ。麻原彰晃や上祐史浩はそうやってオウム真理教を広めた。起こっている事はそっくりだと思う。
33coper@hatena 2018/02/14 22:36
意地悪に見ると「戦争で敗けが込むまでの大日本帝国は素晴らしかった」ということか。物資配給制も金属供出も特高警察による逮捕者の拷問死も、戦況が良ければ視界から外れ、「豊かな国」にすり替わる。
34zyzy@hatena 2018/02/15 10:20
あの手この手で現実から目をそらせる間は良い国だった史観
35maturi@hatena 2018/03/21 09:11
「日清日露は良い戦争。そのあと日本(日本の軍部)はおかしくなった」(司馬遼太郎史観)ですら、いやそれ違う、変曲点なんてないただの延長線上という風に言われる(一ノ瀬俊也氏小島毅氏ら)21世紀において
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-13 09:23:02:1518481382:1534272292
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応