そしてぼくは人工肛門になった|芸人ですが、このたび人工肛門になりました。|関野四郎(原作)/ふっくらボリサット(作画)|cakes(ケイクス)

芸人になって今年で10年。お金もないし、彼女もいないけれど、夢を追い続けて地道に活動してきた34歳のぼく。ある日、突然の腹痛に襲われて病院に行くと、あれよあれよという間に緊急手術に。目が覚めると、人工肛門になっていたーーー。 オストメイト(人工肛門・人工膀胱を造設している人)として生活することになった...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1danboard_twins@hatena 2018/08/10 01:24
なんで穴が…潰瘍とか?怖い…。それにしてもストマ大変。
2stylmagazine@hatena 2018/08/10 09:26
何が原因なのか。ハッキリしないのが病気の怖い所。
3ivory105@hatena 2018/08/10 16:16
絵がかわいいし読みやすい。ネームと作画は別の方が描いてるのね。こちらにネームがあるので合わせてどうぞ。マンガ家の力がわかる。https://note.mu/sekino_shirou/n/nf3d76fcb6a1d
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-09 08:54:02:1533772442:1534636968
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応