ロイヤリティフリー公開楽曲、商業ドラマCDでBGMとして使われた結果作曲者が配信できない事態に | スラド YRO

ロイヤリティフリーで公開していた楽曲をその作者が音楽配信サービスで配信しようとしたところ、商業作品でその楽曲が使われていたために著作権侵害の疑いがかかり配信できないというトラブルが発生したそうだ。その楽曲の作曲者がブログで顛末を公開している(P2Pとかその辺のお話R)。 この楽曲は2016年にフリー素材と...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mieki256@hatena 2018/07/12 20:33
どうしたらいいんだコレ…自分も自作のアレコレをCC0で公開してるから被害を受けそう…
2irodori_kotori@hatena 2018/07/12 22:40
コロムビアはそれなりにコンテンツプロバイダへの交渉力持ってるところだから、作者さんに悪いようにはならないんじゃないか。でもTuneCoreか。/それにしても本当に著作権管理は音楽業界全体の課題だわ。
3reima@hatena 2018/07/13 22:31
本題からはだいぶ逸れるけど、自分の作品をフリー素材にして何が嬉しいのかが疑問だな。楽しんでもらえて嬉しいとか、お金貰うほどのモノではないとかいうのは分かるけど、権利を放棄する意味は全くもって理解不能。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 13:18:01:1531369081:1531817587
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応