男たちの「夫婦観・家族観」はなぜこんなにも変わらないのか(平山 亮) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

近年の息子介護者の増加やその要因を解き明かした「 増加する『息子介護』〜妻が何とかしてくれると思っていたら… 」につづき、後編では、いつまでも「変わらない」日本人男性の夫婦観・家族観に迫る。このままでは、女性からも社会からも取り残されてしまう……? 「結婚している」とは言わない/言えない心理 自分の思惑通りに妻が親の介護に「関わって」くれないことを、隠しておきたい息子介護者もいる。 ある息子介護者...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1localnavi@hatena 2017/09/13 13:01:54
正直、この辺の「妻を支配したい・するのが当然」みたいな感覚はわからぬ。
2ericca_u@hatena 2017/09/13 15:13:47
確かに、いつか自分が動けなくなったときに男性に介護してもらうのは怖いなってたまに考えてた。動けない・話せない女(私)の希望とか意見とかを聞くという発想がまったくなさそうで。
3quick_past@hatena 2017/09/13 15:46:16
はい
4millipede@hatena 2017/09/13 19:50:26
"家族は社会の関数である""家族介護のかたちを変えているのも、人口構造の変動という社会の大きな流れであり、必ずしも人(の意識)がその変化の原動力になっているわけではない。"
5poupe@hatena 2017/09/13 19:57:57
植え付けられた自分の中の常識(妻が介護してくれる)を変えるのは難しいと思う。常識だから妻の意向を確認しようとはしないだろうし。息子にはその辺きちんと伝えないといけないなと思ってる。
6tororo1konbu@hatena 2017/09/13 21:41:17
そんな男と結婚する女性側にも責任の一端はあるわけで、きちんと話し合って婚前契約書作っとけば済む話
7testedquality@hatena 2017/09/13 22:10:00
支配欲ってのはよい視点だと思いました。逃げ恥で感動しても自分で育児に関われない男性がいたりするのです。支配欲が状況から目をそらすことを選択しているのでしょう。(逃げ恥の本質からも目をそらしてるけどね)
8kei-s@hatena 2017/09/13 23:19:33
"だが、男たちが「がんばって」いるのは、本当に実質的な参加のほうなのか。ケア労働がまわってくる不本意を「がんばって」抑えることと、家事・育児を「がんばって」行うことを、混同してはいないか"
9hituzinosanpo@hatena 2017/09/13 23:41:25
線を ひきながら よみたくなる文章。
10sawa_02@hatena 2017/09/14 01:05:03
"前者は、自分の家族へのケアを妻に「させる」ことを通して、後者はその妻の生殺与奪権を握ることを通して、妻を自分のコントロール下に置いている点では変わらない"
11atoz602@hatena 2017/09/14 02:06:25
"動画が応援していたのは、妻がいながら自分にケア労働がまわってくる不本意に、折り合いをつけたい男たち、ではないだろうか。"
12unakowa@hatena 2017/09/14 07:22:33
男らしさ=支配的なんだよ。男らしくあれと言われても支配できる世界がないから苦しい。男らしさを捨てたら楽になれるよ。
13ite@hatena 2017/09/14 09:23:42
人間の性行動なんて紀元前から変わんねーよ。そこに妄想でしかない男女平等をぶち込む方がおかしい
14oritako@hatena 2017/09/14 10:04:29
凄い記事だ。「ケア労働を女性に押しつけるという支配」からの挫折が、男性たちの育児/介護への障壁だという指摘。<ケアを女のしごとにし続けられないコントロール不全>と。
15muryan_tap3@hatena 2017/09/14 13:15:07
男性が支配欲でイメージし自分の生活と照らし合わせた実感が、近親に存在する女性に優越すると設定されている男性権力の為に日常で大小様々な労力の供出を回避している現実を認識出来ない齟齬の凄さに胃が痛くなる
16bocbqcmn@hatena 2017/09/14 14:26:07
いやー非常に日本的。というか、大げさな言い方かもしれないが、日本という国自体が背負っている業みたいなもの。
17iiiloveuuu07@hatena 2017/09/14 16:48:06
良記事。共働きでも育児、介護は妻の仕事になりがち。
18ikanosuke@hatena 2017/09/14 17:14:13
どうなんだろう。石鹸CMに共感するが当記事には反論のある男性の意見を聞きたいな。
19hz21s8@hatena 2017/09/14 19:36:13
被介護者である親世代にも、息子に介護させるのは恥ずかしいという考え方がありそう。よく聞くのは「女の子のいるお家はいいわねえ」
20kusare_gedou@hatena 2017/09/14 20:30:58
邪推憶測ゲスの勘ぐりオンパレードのこの記事で「鋭い」「わかるー」「良記事」だの極まってんなーあんたら。つうか同居してる親の話だろ?普段ワンオペ育児だのワンオペ家事だの愚痴垂れてないだろうなあんたら
21IkaMaru@hatena 2017/09/15 08:18:40
親の介護は「奉仕」だからプライドが傷つくが、妻の介護は「ペットの世話」だからプライドが傷つかないのね。捻れてる
22lcwin@hatena 2017/09/15 10:18:32
ネオリベ共働き社会でのケア労働をどうするかは企業も家庭も含めてまだまだ固まってないのは事実だけど、過度に原罪意識や罪悪感を抱くこともないし、できることをやっていくしかない。
23nanae_ll@hatena 2017/09/15 12:23:48
「女は自分に従属する・支配されるべき存在である」という固定観念の根深さに、ちょっとおののきつつある昨今である。
24ch1248@hatena 2017/09/15 15:23:37
牛乳石鹸のCMは家族観が古過ぎてちっとも共感出来なかったな。
25Ta-nishi@hatena 2017/09/15 15:53:57
私は仕事ばかりで家庭を省みない父親を情けないと思いながら育ったから、父親になったらしっかり家事やろうと思うようになったけどな(結婚できなそうだけど…)。アラフォー以下はそういう人が多数派だと思ってた
26narukami@hatena 2017/09/15 17:02:37
子がいるわけでもないのに「妻には仕事に出ず家に居てもらいたい」という意向を持つ男性が未だにたまに存在するみたいだけどどういう気持ちなのかわからないなあとずっと思っておりました
27rain-tree@hatena 2017/09/16 17:20:23
"男性の夫婦観・家族観の「変わらなさ""むしろ、夫婦観・家族観を温存したまま、少子化(きょうだい数の減少)という人口学的な変化のもと、親の介護の担い手にならざるをえなかっただけではないか"
28fmtt_moon@hatena 2017/09/17 22:41:05
"ケア労働がまわってくる不本意を「がんばって」抑えることと、家事・育児を「がんばって」行うことを、混同してはいないか"
29kuniharu_k@hatena 2017/09/18 12:32:25
「自分の思惑通りに妻に育児を担わせられない姿、その意味で妻をコントロール=支配できていない姿をさらしたくない――とりわけ他の男たちの前では――」 興味深い。ホモソーシャルの洗脳という言葉が浮かんだ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 10:43:01:1505266981:1506088909
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応