ベルクマンの法則 - Wikipedia

ベルクマンの法則(ベルクマンのほうそく)とはドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマン(Christian Bergmann)が1847年に発表したものであり[1]、「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」というものである。これは、体温維持に関わって体重と体表面積の関係から生じるものである。類似のものにアレンの法則が...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hoochiecoochie7@hatena 2016/01/26 16:21:39
“恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する”
2teracy_junk@hatena 2017/07/16 21:20:19
「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」
3hiro_curry@hatena 2017/07/17 01:12:57
最大のペンギン、コウテイペンギンは南極大陸に生息している。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-16 13:26:01:1500179161:1511065045
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応