米ウォルマート:西友の売却検討 人口減で先行き困難視か - 毎日新聞

小売り世界最大手の米ウォルマートが、傘下の国内スーパー大手、西友の売却を検討していることが12日、明らかになった。関係者によると、流通大手や大手商社などに売却の打診をしているという。人口減少などを背景に日本市場で事業を拡大するのは難しいなどと判断したとみられ、他の国内小売り大手の戦略にも影響を与...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1tada-wo@hatena 2018/07/12 12:10
“西友は、旧西武グループが1956年に設立した「西武ストア」が母体。バブル期に子会社のノンバンクの不動産過剰投資で巨額の不良債権を抱え、財務体質が悪化。”
2ametori@hatena 2018/07/12 12:54
海外勢は普通に人口減の影響を把握しているなあ。
3straychef@hatena 2018/07/12 13:16
いつの間にかイオンに吸収されたりして いまの西武グループに戻るでいいんだけど アマゾンに買われて生鮮扱う拠点でもいいか
4dd369@hatena 2018/07/12 13:21
3%引きになるウォルマートカードの行方は?/もしファミリーマートが買収したら親子逆転に。
5taro-r@hatena 2018/07/12 14:36
なんと…マジですか。ウォルマートカードはどうなるんだろう?
6xevra@hatena 2018/07/12 17:18
日本の滅亡は世界の共通認識。今後日本への投資は無くなり、ドンドンお金は引き上げられる。人の減る国は未来のない国、逃げるのが当たり前。国民は原因をちゃんと考えるべき。自民党に入れてる場合じゃねーぞ
7interferobserver@hatena 2018/07/12 18:56
ウォルマートに見捨てられた国
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 03:36:01:1531334161:1531887066
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応