「100回失敗する」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話 | ライフハッカー[日本版]

俳優は「オーディショすべてに受かることはない」と言います。アーティストや物書きタイプ、そうでなくても仕事を探している人であれば、落とされることががあまりにも辛くて、応募するのをやめたくなる気持ちがわかるのではないでしょうか。 ソーシャルメディアやストリーミングTVがとても心安らぐのは、そこでは得るものが何もないからです。 しかし、 落とされることや断られることを目標にしたらどうなるでしょう? これ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1satotaka99@hatena 2018/06/14 09:32
これは良いアイディア!半年経ってるから50回失敗することを目標にしてみよう!
2bigchu@hatena 2018/06/14 12:41
なんちゅーメンタル。すごいわ
3nabeen919@hatena 2018/06/14 14:42
"失敗の数が足りないということは、挑戦の数も足りていない": 「100回失敗する」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話 | ライフハッカー[日本版]:
4hito-kan@hatena 2018/06/15 07:05
「失敗する」でなく「断られる」ことを記録する。能動的にオファーするのがポイントなんだろうな。
5blueribbon@hatena 2018/06/18 12:27
「断られることをゲーム的に単に数字としてとらえることで、数々の小さな挫折の痛みに対する免疫ができるのです。」
6hogeai@hatena 2018/06/19 12:22
陰陽
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-14 03:30:02:1528914602:1529683842
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応