意志決定をするときに、ついつい「どハマリ」しちゃう「思考のバイアス」を防ぐには? | 立教大学 経営学部 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する | NAKAHARA-LAB.net

意思決定とは「メリット」と「デメリット」の両方をあげて、そのうえで「選ぶこと」 ・ ・ ・ 先だって、法政大学大学院の長岡健先生の授業「経営組織論」の授業に、ゲスト登壇の機会をいただきました。 僕からは、パーソル総合研究所さんとの共同研究「希望の残業学プロジェクト」について、調査の結果、わかったことを...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ka2hik0@hatena 2018/07/12 12:38
メリデメや2軸の表を作って考えるのは近視眼的にものを見てはいないかと強制的に気づくための道具なんだよな感
2akikonian@hatena 2018/07/12 12:44
林先生がテレビで繰り返し繰り返し主張してることだね。
3crema@hatena 2018/07/12 13:57
これは、 Asahi Higashiyama さんに教えてもらったことと、ほぼ同じ。最近心がけてます。
4hinopapa@hatena 2018/07/13 07:22
ワニとかマーメイドとかの話 “そうしたときに、2×2のクロス表で4象限を切り、その中の論理空間をしっかり整理した上で、そのうえで、物事を決めたいものだと思いました。”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 03:48:01:1531334881:1531687258
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応