リヒター、ウォーホルも。 大量消費へのアンチテーゼを含む 展覧会が示す新たな価値とは。 |MAGAZINE | 美術手帖

リヒター、ウォーホルも。 大量消費へのアンチテーゼを含む 展覧会が示す新たな価値とは。 東京・銀座のTHE CLUBが、ニューヨークを拠点に活動するアマンダ・シュミットをゲストキュレーターに迎え「Defacement」展を開催する。本展は、大量消費社会に反抗し、「破壊とは何を意味するのか」「そしてそこから新たな価値は...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1shotazc@hatena 2018/07/12 00:11
いいなー、東京
2lli@hatena 2018/07/12 16:17
これ絶対行く
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-11 18:56:01:1531302961:1531888443
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応