技術者の「わからない」と普通の人の「わからない」の違い - Togetterまとめ

最近学んだこと.技術者と話をするときの「知らない」「分からない」は「私の知識にはない事柄です」「現在判断を下せるだけの材料がそろっていません」って事実を指すんだけど,普通の人と話すときは「あなたと会話する気がありません」「適当にごまかす意図がこちらにあります」って意味になるらしい

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1noradaiko@hatena 2015/05/14 21:38:31
単純に「わからない」理由を説明すればいいだけな気がした。 - 技術者の「わからない」と普通の人の「わからない」の違い - Togetterまとめ
2maturi@hatena 2017/07/17 10:09:18
ジャガーさん
3REV@hatena 2017/07/18 08:50:50
「口開く前にレトリック気を付けろよ」「そっちこそ、質問するまえにマニュアル読めよ」
4nekoluna@hatena 2017/07/18 10:37:07
普通の人って大変だなあ
5khtno73@hatena 2017/07/18 13:10:22
案件のRACIチャートで、1)技術者が自分はCにあるのに相手は自分をAだと思ってるので、無駄に根拠の説明までを求められている。2)自分はAなのにCだと勘違いし他人事で説明責任を果たしてない、どちらなのかによる。
6hugie@hatena 2017/07/18 13:49:40
“「私の知識にはない事柄です」「現在判断を下せるだけの材料がそろっていません」”と言えよ、みたいな事を言ってる人がいるけど、言い換えても「知らない」「わからない」以上に情報増えてないと思うんだけど。
7Ayrtonism@hatena 2017/07/18 15:18:54
専門分野だったら、誰しもここで言う「技術者」的な物言いをするんじゃないかなあ。ただ、文系の職では、本当の専門分野というのはなかなかなくて、そこまで専門的でない専門性の組合せの中にいるんだろうね。
8matsumoriayami@hatena 2017/07/18 15:30:34
わかる
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 01:20:02:1500222002:1500964835
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応