『剣と清貧のヨーロッパ』/佐藤彰一インタビュー|web中公新書

筆者(右端)とM・ザンクフランス碑文・美文アカデミー終身事務局長(左端)、P・トゥベール教授(フランス学士院にて) 十字軍に端を発する騎士修道会、アッシジの聖フランチェスコらによって創始された托鉢修道会。この全く性格が異なる2つの修道会について詳細を明かす 『剣と清貧のヨーロッパ』 を刊行した佐藤彰一さんにお話を伺いました。 ――本書は、『禁欲のヨーロッパ』、『贖罪のヨーロッパ』につづく三作目とな...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hharunaga@hatena 2018/01/14 22:07
“(12~3世紀に)罪を罰する峻厳な神が前景にあった「旧約聖書」から、キリストの愛の思想を根幹とする「新約聖書」への劇的転回があったのではないか…。それを象徴するのが聖フランチェスコ”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-12 23:53:01:1515768781:1529456289
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応