陸自ヘリ墜落事故で考える、現代戦に求められる戦闘ヘリの条件 | 文春オンライン

今月5日に発生した陸上自衛隊のAH-64D戦闘ヘリコプター(通称アパッチ・ロングボウ)の民家への墜落では、不幸中の幸いにも民間人の死者は出ていないが民家は全焼。搭乗していた自衛官2名の死亡が確認される痛ましい事故となった。 事故のあった佐賀では佐賀空港への陸自オスプレイ配備の計画があるだけに、事故原因の究明と再発防止策の確立、被害に遭われた方や地元への誠意ある謝罪・補償とケア、そして説明は必須であ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1degage122@hatena 2018/02/14 21:46:19
A10サンダーボルト2好きとしては、とても納得のいく(笑)陸軍の支援航空なのだが、アパッチやオスプレイなどを、近接支援とするのは脆弱性が… むずかしいですね
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 18:12:02:1518599522:1518859025
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応