RedmineでCSIRTのインシデント管理 | Redmine.JP Blog

Redmineの活用例の1つとして、組織内のセキュリティインシデントの管理があります。本記事では、企業等のCSIRT(コンピュータ セキュリティ インシデント レスポンス チーム)におけるインシデントハンドリングをRedmineで行うための設定例を紹介します。 CSIRTとインシデントハンドリング 組織のセキュリティ対策のトライとして CSIRT(コンピュータ セキュリティ インシデント レスポン...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mztnex@hatena 2018/02/15 08:02
この発想はあった
2akabekobeko@hatena 2018/02/15 20:57
トラッカーはグローバルだから始めはカテゴリで運用して複数プロジェクトに重複するようになってからトラッカー昇格させるほうがよいと思う。前にトラッカー増やしすぎて消すにけせず後悔したので。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 20:33:02:1518607982:1527133320
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応