極端な危険と利益──『毒々生物の奇妙な進化』 - 基本読書

2017 - 03 - 20 極端な危険と利益──『毒々生物の奇妙な進化』 科学ノンフィクション 毒々生物の奇妙な進化 作者: クリスティーウィルコックス,Christie Wilcox,垂水雄二 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/02/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 本書は書名からもわかるとおり、毒を持つ生物について書かれた本である。 毒がどのよ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1abitarou@hatena 2017/03/20 10:13:16
この前読んだけど、結構難しかった。
2lindalindapanda@hatena 2017/03/20 18:21:48
面白そう
3sirocco@hatena 2017/03/22 04:34:53
各種毒生物について詳しくなることができる本。毒にまつわるエピソードには人間の業の深さ、愚かさが詰め込まれているという。最凶の毒性生物という問い。毒を自分の身体に免疫として取り込もうとする人々の話。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 10:08:01:1489972081:1508269057
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応