日本の中絶は患者を懲らしめるためのものなのか - tabitoraのブログ

2017 - 07 - 17 日本の中絶は患者を懲らしめるためのものなのか ツイッター を眺めていたところ、 「医療手技はよく『懲らしめ』に使われる。日本の中期中絶は麻酔を使わない、初期中絶も世界の主流ではない吸引法ではなく痛みを伴う掻把術であるのもそうだ」 「古い手技に 固執 していることで患者への身体的負担と苦痛をあえて維持している」 「中絶薬が日本で認可されないのは負担の少ない中絶は悪だから...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kinaco68@hatena 2017/07/17 16:21:36
"多くの産婦人科医は母体を保護する立場なので、痛みを取り、次回以降妊娠希望がないならその方法を伝えていて、懲らしめるための医療はしていないということだけは知っておいてほしいところです。"
2matsuo0221@hatena 2017/07/17 20:56:53
中絶手術をするのは母だけど、相手(父親)がいることを前提に、タグをつけて頂きたい。
3hinbass@hatena 2017/07/17 21:33:59
むしろ中絶悪の感覚はキリスト教国の方が強いのでは
4Panthera_uncia@hatena 2017/07/18 10:45:56
斎藤環ホント迷惑
5arajin@hatena 2017/07/18 12:17:35
「ただし、母体保護法指定医のごく一部ではあるけれど、患者を懲らしめる意図は持っているのは事実だろうと思います。なぜなら自分の昔の上司がそういう人だったからです」
6hibigen@hatena 2017/07/18 13:38:16
「医者はそれを断罪する立場にはないわけです」ほんとそれ
7Dr-KID@hatena 2017/07/18 13:57:32
分かりやすかったです
8maturiya_itto@hatena 2017/07/18 18:11:50
論点の切り分け、歴史的経緯説明、事実面で認めるところは認める、そして現状のフォローと、個人的にはほぼ完璧な記事。丁寧にやると短くするのむずかしくするのでそこはバーター。
9NAPORIN@hatena 2017/07/19 20:22:45
“最も普及しない理由は麻酔科医の不足です。”"やはりごく一部にばんばん危険な中絶もやって死亡者を出しているクリニックもありますので、同業にそういう医師がいるということは残念ながら認めないと"って
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 08:33:00:1500247980:1500964734
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応