人気ゲーム「Fortnite」を支える分析基盤--ペタバイト級のデータをクラウドで処理 - ZDNet Japan

シューティングゲーム「Fortnite」は、毎分9200万件のイベントを処理しており、そのデータ量は毎月2ペタバイト増加している。開発元のEpic Gamesは、Fortniteの新シーズンが始まるたびに、ゲームのクライアント、サーバ、サービスから大量のデータを取り込んでいる。 世界で最も人気が高いゲームともなれば、それに匹敵...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mondaichan@hatena 2018/08/11 14:54
ペタバイトってカタカナで書くとなんかかわいいな。
2Soraneko@hatena 2018/08/12 18:45
“Akamaiによると、Fortniteは米国時間7月12日に、同社プラットフォームで1秒当たり37テラバイトという、ゲームトラフィック史上最高となる記録を打ち立てた。” やば!
3hirose504@hatena 2018/08/14 13:58
“Akamaiによると、Fortniteは米国時間7月12日に、同社プラットフォームで1秒当たり37テラバイトという、ゲームトラフィック史上最高となる記録を打ち立てた”
4sifue@hatena 2018/08/14 22:35
Fortnite、AWSでSparkとかのイベントパイプライン組んでるのか。まさかScalaがFortniteを支えていたとは。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-11 04:03:02:1533927782:1534598820
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応