英語の名言:人生における主たる危険は,余りにも用心しすぎてしまうことだ(アドラー) - tsuputon's blog

July.11.2018 アルフレッド・アドラーは, 1870年オーストリア生まれの 精神科医・心理学者です 西洋ではフロイト,ユングと並んで, 現代心理学の3大巨頭と称されています 当ブログではこれまで二回, アドラーを取り上げさせて頂きましたが, どちらも非常に多く関心を寄せて頂き, アドラー心理学には,やはり, 現代...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1centeroftheearth@hatena 2018/07/11 20:27
緑の中の光のように、思索の深みですねー。
2tsuputon7@hatena 2018/07/11 20:32
アドラーはいつ見ても,深い内容にも関わらず,ダイレクトにストンと分かるフレーズが多い点は,河合隼雄先生と似たものを感じ,とても不思議です…人間心理の内奥を透視するべく生を捧げた方々ならではでしょうか?
3happy-ok3@hatena 2018/07/11 20:45
こんばんは。>「もし隣人愛をを学ばない人がいたら,その人は滅びるに違いない」なるほどです。>「真実を知られると危険な状態を引き起こす」だから、攻撃をして相手を潰そうと・‥。勇気をもって、生きたいです。
4skyhigh1466@hatena 2018/07/11 21:03
私の好きな歌に「誰かを守る誰かの嘘が傲慢な刃つきつける」とありますが、事実をどう伝えるかが最大の問題ですね。人を幸せにする嘘もあれば、不幸にする真実もあります。使い方を間違えてはいけないと思いました
5mashley_slt@hatena 2018/07/12 00:01
よく真実は美徳としてあがめられますが実際にはそうとは限らないのでアドラーの名言を読むと納得してしまします。誠実であることは大事ですが「真実を全ていう」ことが正しいとは限らないと最近思います。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-11 11:47:02:1531277222:1531688049
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応