産業用大麻ピンチ 逮捕者相次ぎ「免許」厳しく 参入困難「文化廃れる」 横綱の“綱”、伊勢神宮では神事に・・・ (日本農業新聞) - Yahoo!ニュース

横綱・稀勢の里関も締めた純白の綱が、存続の危機にある。原料の大麻草を作る農家が高齢化していることに加え、産業用大麻の栽培者が大麻取締法違反で逮捕される事件が相次ぎ、栽培免許の取得が厳しくなったためだ。新規参入が難しい状況が続けば、麻の技術継承が途絶え、伝統の綱が海外産に替わってしまう恐れもある。 地域おこしで移住した若者や、医療用大麻解禁を訴える活動家らが昨年起こした事件の波紋は大きかった。所管す...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1chako00@hatena 2017/08/24 17:28
学校側は服装規定は肩出しルックを煽情的。多くの生徒は「性差別」として反感を抱き、男子までもが肩出しルックで登校する抗議活動に発展。SNSで拡散。意味不明の校則気持ち悪いね…https://togetter.com/li/1136046
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-21 02:30:01:1490031001:1527451008
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応