SFのアイデア: マツドサイエンティスト・研究日誌

先日、酒を飲みながら、ちょっとしたSFのアイデアを考えてみた。 前半くらい迄のプロットを書いてみるので、誰か小説にしてくれないかなあ・・ == ここからプロット == ほぼ、我々と同じような世界。 17世紀にガリレオ、ケプラー、ニュートンが天体観測から力学をはじめ科学を作り上げる。 18世紀、ジェームズ・ブラッドリーが光行差を発見するのだが、方向性による微妙な違いがあることに気が付く(この辺から我...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Ditty@hatena 2017/07/17 00:08:21
https://twitter.com/madnoda/status/886141411149594625
2kei_1010@hatena 2017/07/17 02:17:58
なぜ地球じゃないのに、途中まで同じ歴史をたどって、同じ人間が存在するのか、も考えてるんだろうか?
3nagaichi@hatena 2017/07/17 19:51:27
歴史改変SFとな。時代順に追わずハッブルの観測を冒頭に持ってきたほうがよさそう。
4ROYGB@hatena 2017/07/17 21:25:36
銀河系同士が数十年で衝突する状態なら、それは一つの銀河として観察されているのではないかなあ。
5mojimojikun@hatena 2017/07/17 22:07:53
オールスターじゃないですか
6c_shiika@hatena 2017/07/18 21:56:49
ハレー彗星のときのようなパニックからカルト的な集団が発生する短編イーガンエンド
7ad2217@hatena 2017/07/19 12:26:39
助かる方法はない。人間を情報化した上で、時間を倍々と加速する。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-16 18:56:00:1500198960:1500964244
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応