iPS細胞から作製の血小板、献血と同等の実用品質に:朝日新聞デジタル

iPS細胞から、実用に使える品質の血小板をつくることに成功したと、京都大などのチームが13日、発表する。チームは2020年の製品化をめざしている。京都大iPS細胞研究所の江藤浩之教授は「(今回の成果で)研究開発での準備は終わった」としている。 血小板は血を固める働きがあり、出血した際や、貧血の患者...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1daybeforeyesterday@hatena 2018/07/13 05:44
研究の結晶か
2blueboy@hatena 2018/07/13 06:24
 あとは iPS細胞の量産化技術だが、これはすでに確立されている。ちょっと前の時期に。   https://mainichi.jp/articles/20180304/k00/00m/020/151000c
3ROYGB@hatena 2018/07/13 06:31
血小板は成分献血でそれだけを集めてるほど需要があるので、合成できるようになれば便利かも。
4mikanyama-c@hatena 2018/07/13 08:12
"体内で血小板がつくられる際の血液の流れを解析。その結果、一定の流れではない「乱流」が生じていることがわかった。iPS細胞からつくった血小板のもととなる細胞を液体中で培養する際、同様の乱流を再現し、"
5attyan7639@hatena 2018/07/13 11:28
iPS細胞とは?
6mojimojikun@hatena 2018/07/13 16:54
血小板ですら量産できそうな話になってるのに鰻ときたら(クソリプ)
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 21:12:01:1531397521:1531887114
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応