裁判官が “勧進帳”? 判決文未完成なのに判決言い渡し | NHKニュース

岐阜地方裁判所の58歳の裁判官が、前任地で担当していた36件の民事裁判で判決文が未完成のまま法廷で言い渡しを行っていたことがわかり、裁判所は懲戒の申し立てを行いました。 岐阜地裁によりますと、山崎裁判官は前任地の名古屋地方裁判所岡崎支部で去年4月からことし3月にかけて担当した36件の民事裁判で、判決文が未完成のまま法廷で言い渡しを行い、あとから判決文を完成させて当事者に送っていたということです。 ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Assume@hatena 2018/06/13 16:58
#岐阜地方裁判所 >山崎秀尚裁判官(58)
2wwolf@hatena 2018/06/13 18:13
法的なプロセスを経ずに言い渡された判決って法的な効力あるのかしら
3jt_noSke@hatena 2018/06/13 19:48
先に完成させるのが肝心ちゃうかな
4rti7743@hatena 2018/06/13 20:20
クビにするべき
5ribbentrop189@hatena 2018/06/13 20:37
こんな雑な裁判、絶対されたくない
6jgoamakf@hatena 2018/06/13 21:12
36件
7htnmiki@hatena 2018/06/13 22:20
実際間に合わない場合は判決を延ばすもんなの?それ次第では同情の余地はある気もするが。まあダメなもんはダメなんだけど。
8pollyanna@hatena 2018/06/14 07:18
「処理に追われてやむなくやってしまった」
9prozorec@hatena 2018/06/14 08:23
懲戒内容は決定していないのか?
10machida77@hatena 2018/06/14 08:30
「処理に追われてこのままでは立ち往生するしかなかった」までいけば完璧だった(何が
11matsui899@hatena 2018/06/14 13:59
一件でも気づきそうだが
12paravola@hatena 2018/06/15 19:54
(法律家も経済法則には勝てないね)「処理に追われてやむなくやってしまった」と話しているということです/「法を順守すべき裁判官が、法律に基づかない手続きを行ったことは誠に遺憾で...
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 11:51:02:1528858262:1534497419
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応