【経済インサイド】ハチの輸入拡大の背景→“泣きっ面にハチ”だった国内養蜂業者の悲運(1/4ページ) - 産経ニュース

花粉交配や害虫駆除に利用されるハチの輸入量が拡大している。東京税関によると、平成29年は前年比4.9%増の約348万匹となり過去最高を記録した。従来の殺虫剤が効かない害虫を駆除するための利用や農業参入する企業の増加で需要が伸びたことが主因という。ただ、その背景には国内養蜂業の“悲運”も大きく関係しているようだ。  今ではビニールハウス内でのトマトなどの栽培に欠かせないハチ。主に日本に輸入されている...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1agrisearch@hatena 2018/06/13 12:40
「主に日本に輸入されているのは、ハウス内の果物や野菜の花粉を運んで受粉させる花粉交配用のクロマルハナバチと、害虫を駆除するコレマンアブラバチ」「29年の日本へのハチの輸入量の57.6%はスロバキア」
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 12:53:01:1528861981:1529519605
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応