プラスチックを消化分解する酵素、研究過程で偶然作製 米英チーム 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

海洋・河川のプラスチックごみ(2014年12月3日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / MARTIN BERNETTI 【4月17日 AFP】プラスチックを消化分解する酵素を偶然に作製したとの研究結果を、米国と英国の研究チームが16日に発表した。この成果は今後、深刻化するプラスチック汚染問題を解決に導く助けになる可能性があるという。 世界の海に投棄されるプラスチックは毎年800万トンを超...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1charlestonblue@hatena 2018/04/17 14:57:59
プラスチックを分解する酵素を、プラスチック分解する細菌の酵素を研究中に作成。
2medihen@hatena 2018/04/17 16:35:47
アンドロメダ病原体……
3doroyamada@hatena 2018/04/17 16:52:17
酵素が生体外で分解作用することを「消化」というんだろうか。
4kuippa@hatena 2018/04/17 19:19:20
イデオネラ・サカイエンシス気になってたんだよね。そうか酵素までたどり着いたか。
5kz78@hatena 2018/04/17 21:30:08
もしこの酵素が自然界に解き放たれれば、この酵素に汚染された地域ではPETボトルはもはや水を運ぶ容器としては使えなくなり、輸送コストが跳ね上がるんだな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 07:58:00:1523919480:1524732021
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応