IBMの株価が急落 ― 20四半期連続の減収をうけて | TechCrunch Japan

IBM が抱える問題をどう解決すべきだろうか? 米国時間18日、IBMが決算を発表し、同社が20四半期連続の減収だったことが明らかになった。四半期ベースの純利益はアナリスト予測を上回ってはいるものの、それは同社の株価を支える要因とはならなかったようだ。 IBMの株価は決算発表後の時間外取引で急落。その後も株価回復の兆しは見えず、結果として前日比5%(8ドル)安で大引けを迎えた。 Motley Fo...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hiroomi@hatena 2017/04/20 22:33:41
“思い返してみれば、IBMの経営者をRJR Nabiscoから引き抜いてしまったことはベストアイデアとは呼べなかったかもしれない”
2yogasa@hatena 2017/04/23 23:17:23
"明るいニュースもある。同社のクラウド事業は快調で、収益は昨年から33%増加した35億ドルだ。" IBMのクラウド事業って安心して仕えるような内容か……?
3mzi@hatena 2017/05/08 08:56:24
どっかの会社も同じ将来? 減収となったのは、コンサルティング・ビジネスや、ハードウェアやインフラの売上が不調だったことが原因(予測されていた通り、クラウド事業とハードウェア事業のカニバライゼーション)
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-20 17:40:01:1492677601:1513523200
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応