片山さつきが在特会に近づいた経緯を元夫・舛添要一が語る│NEWSポストセブン

昨年の衆院選を批評した古谷経衡氏が小誌に綴った「女性政治家の通信簿」が反響を呼んだ。女性に点数を付 昨年の衆院選を批評した古谷経衡氏が小誌に綴った「女性政治家の通信簿」が反響を呼んだ。女性に点数を付けることが「女性蔑視」との声も寄せられたが、政治家の資質を問うことが非難されるのもおかしい。 先進国で日本の女性議員率は圧倒的に低い(衆議院で約10%、世界平均の半分)。古谷氏は最近の右寄りの女性議員は...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kazgeo@hatena 2018/01/13 19:59
舛添さんの政治評論。
2kechack@hatena 2018/01/13 22:45
片山は上に媚びるのが苦手なタイプです。でも、隣には取り入るのがやたらとうまい稲田や小池がいる。さらに自分以外の女性議員はどんどん出世して大臣になる。片山は焦るわけです
3www6@hatena 2018/01/14 20:25
これSAPIOに載ってるのか。
4Ayrtonism@hatena 2018/01/15 16:51
舛添要一は何かを批評させると面白いこと言うよな。/これ、SAPIOなのか。SAPIOは「保守」だから好意的に見るとかそういうんじゃないってことがよく分かる記事だな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-13 19:16:01:1515838561:1529525140
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応