ゲーム屋のパッケージの前で迷っていた僕らはもういない - ゲーマー日日新聞

2018 - 04 - 15 ゲーム屋のパッケージの前で迷っていた僕らはもういない エッセー ゲーム業界について スポンサーリンク Tweet Share on Tumblr 年寄りめいた話で申し訳ないが、10年前の自分たちオタクにとって、自分が待ちわびたゲームの発売日にダッシュでゲーム屋を訪れた経験は、今でも忘れ難い経験になっている。 色々なゲームを買いに行ったが、中でも印象深いのは、『モンスタ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1arcadia11@hatena 2018/04/15 21:57
いや「正直、過去の選び抜いてコンテンツを楽しんだ体験が、今のそれより優れていると思わない。」って書いてますやん。最後まで読んでもらえますか…。
2mizchi@hatena 2018/04/16 05:23
言っちゃ悪いがこの記事は属人的な過去の経験を美化したルサンチズムで、現代は現代で別の感動の在り方がある。この価値観を否定はしないが古い上に視野が狭い
3mory2080@hatena 2018/04/16 06:37
他者を憐れむとき、他者もまたあなたを憐れんでいるのだ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-15 15:01:01:1523772061:1531716228
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応