内閣不支持多いのになぜ与党優位? 野党競合で票分散  :日本経済新聞

22日投開票の衆院選について日本経済新聞社が10~11日に実施した序盤情勢調査によると、自民、公明両党が300議席に迫る勢いとなった。同調査では安倍内閣の支持率は37%。不支持率の方が48%と高い。政権批判の声が強いのになぜ与党は優位なのか――。序盤情勢調査の結果をもとに各選挙区を分析すると、3つの要因が浮かび上がってくる。  都市部などで目に付くのは、野党候補が複数出馬して政権批判票が割れ、与党...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Miyakey@hatena 2017/10/13 06:35:04
お金がかかり過ぎる中選挙区は問題があるとしても、二大政党に収斂しないと民意が反映しない状況は改善しないと。QT:内閣不支持多いのになぜ与党優位? 野党競合で票分散
2shiro460312@hatena 2017/10/13 07:07:11
選挙制度が大問題。小選挙区制は、死に票の多さが問題になっている。得票数が3倍でも当落逆転する不平等もある。二大政党の英米でも、第三極ができつつある。欧州は多政党が連立するのが普通。
3yasudayasu@hatena 2017/10/13 07:18:43
全289小選挙区のうち、自民、公明両党の公認候補は213選挙区で「有力」「優勢」。このうち希望、日本維新の会、共産、立憲民主、社民の5党の候補の支持を単純にあわせると、自公候補を逆転するのは100選挙区に上った。
4pzp@hatena 2017/10/13 07:38:26
システムで全案件国民投票にしたら済む。議員はいらない。
5hobbling@hatena 2017/10/13 09:33:33
つまり民進党を分断させ、共産党との選挙協力も御破算にさせた前原の責任。
6fujibay1975@hatena 2017/10/13 10:24:29
小選挙区制のせい
7falkbeer@hatena 2017/10/13 10:47:37
なんで内閣不支持=野党に投票って思うんだろうか。例えば安倍首相は嫌いでも選挙区の立候補者は好きということもあるだろうに
8kechack@hatena 2017/10/13 14:58:23
情勢分析が出るのを待ってより自民党候補に勝てそうな候補に票を集めれば逆転可能なケースもあるのだが、なかなかそうはならない。自民党の議席を減らすことより野党間競争を重視する非自民支持層が多い
9sds-page@hatena 2017/10/13 16:54:27
小選挙区制は勝ってる奴がますます有利になる大富豪みたいな制度
10toronei@hatena 2017/10/13 20:52:15
つーか、小泉以降みんな麻痺しているけど、内閣支持率が40%台って、昔ならまあまあ高い扱いやったんやで。
11nisshiey_s1@hatena 2017/10/13 22:13:00
安倍内閣は支持せんけど、自公政権は支持する。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-12 23:00:01:1507816801:1513379337
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応