「命に値段つけるのか」指摘、薬の調査取りやめ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

厚生労働省は、薬の値段が効果に見合っているかどうかの基準づくりのために計画していた市民意識調査の取りやめを決めた。厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の部会に13日提案し、了承された。 調査は、1年間延命できる薬に公的医療保険からいくらまで支払っていいかを尋ねるものだったが、「命に値段をつける」ような質問内容や調査結果の信頼性などに疑問が出ていた。 高額な薬が次々に登場している中...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1soppo-muke@hatena 2018/06/13 21:26
限られた財源の有効利用を検討することもできないのか・・・
2mapi_am@hatena 2018/06/13 22:06
1年間延命できる薬に公的医療保険からいくらまで支払っていいか
3quality1@hatena 2018/06/13 22:10
は?命に値段はあるだろが綺麗事言うなや
4azusanakao081@hatena 2018/06/13 22:28
薬の費用対効果って改めて言われると難しい問題ですね。否定的な意見も分かるけど、一方で過度な延命に懐疑的な意見も納得出来る。。。
5takamasa9294@hatena 2018/06/13 22:44
命の値段が無限と仮定するならば、その瞬間医療財政は破綻する。それにより結果的に助かる命すら助からない未来がやってくる。だから命に値段をつけなければいけないんだよ。その程度の説明もできない行政がくそ。
6AHOUJIN@hatena 2018/06/14 02:04
本音は自分たちが儲けたいだけなのに最悪
7daruyanagi@hatena 2018/06/14 07:46
こうやって感情で細かい効率を否定していくのを積み重ねていった結果が今のジャパンなんやろな
8sukoyakacha@hatena 2018/06/14 07:48
まさか同じ口で社会保障費が高いなんて言ってませんよね。え、年金生活者。アッハイ
9deep_one@hatena 2018/06/14 09:10
そんな批判でやめるのは謎。だが、それは社会システムの維持についての費用論なのだから市民感情を聞くのも全くの謎。計算で詰めろ。
10DrPooh@hatena 2018/06/15 08:13
以前の『1年間完全に健康な状態で延命できる治療に支払える額の研究』(https://www.asahi.com/articles/ASKBR5PY7KBRUTFK01Y.html)とは別の話?
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 14:03:01:1528866181:1529520068
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応