アフリカの島国「カーボベルデ共和国」で発達した音楽とブラックミュージックの魂 | Playatuner

http://newmedia.thomson.co.uk/live/vol/2/54641317640c132eda8ae5bfbc848febefd76f67/1080×608/web/AFRICACAPEVERDECAPEVERDEISLANDSSALSANTAMARIA.jpg アフリカにある美しい島国、カーボベルデ共和国 カーボベルデ共和国という国名を聞いたことがあるだろうか? 多分ほとんどの方が聞いたことがない名前だと思うが、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1skam666@hatena 2018/08/10 22:31
“カーボベルデでは①ポルトガルやヨーロッパの文化、②アフリカの音楽文化、③奴隷貿易という歴史的な要因が組み合わさり、独自の音楽文化が発達していった” Morna, Funaná, Cola & Zouk, Batuque
2karatte@hatena 2018/08/11 12:42
“Batuqueはまさに上記のヨーロッパの影響を受けた音楽と違い、アフリカを体現するような音楽である。打楽器やハンドクラップのみで構成されており、女性が力強く歌い、踊る”
3yogurtetkinoko@hatena 2018/08/11 20:48
良い記事
4amedama8@hatena 2018/08/12 20:08
国名しか知らなかった
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 13:53:01:1533876781:1534637061
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応