老いの苦しみのリアルは、体に痛みを抱えるという事にある。 | Books&Apps

突然だがみなさんは副島隆彦さんをご存知だろうか。 彼は陰謀論者として名高い作家なのだけど、その彼がこのたび”老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)突然だがみなさんは副島隆彦さんをご存知だろうか。 彼は陰謀論者として名高い作家なのだけど、その彼がこのたび ” 老人一年生 老いるとはどういうことか ( 幻冬舎新書 ) ” という本を上梓された。 ぶっちゃけ本音をいうと、僕は彼が普段書いて...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kounotori0305@hatena 2017/10/13 08:32:07
連載記事が更新されました。今回は老いた身体と痛みについてです
2p_shirokuma@hatena 2017/10/13 09:09:33
身体の痛みや機能不全に限らず、年を取らなければ見えてこないことはたくさんある。だから年上が語ること、見せることをよく見て、よく学んでおくことが、渡世のテクニックとして重要になる。
3hyperlexia539@hatena 2017/10/13 09:30:06
経験者にしかわからないことは確かにある。が、こうやって本を読んだり話しを聞いたりして想像することはできる。どんな苦しみも、相手が理解しようとしてるのがわかるだけで、だいぶラクになると思うんだ。
4nenesan0102@hatena 2017/10/13 09:40:10
若いときから病弱で難病持ちなので、むしろ若いときに健康で元気な人って羨ましいなぁという印象。ちなみに弱い個体だと、歳を取るとさらに弱くなります。生きるのしんどい。
5ntscp2020hat@hatena 2017/10/13 14:04:38
科学的に間違っていない、そういう本を紹介してほしいと思ってしまう。
6mayumiura@hatena 2017/10/21 13:52:19
“副島隆彦『老人一年生 老いるとはどういうことか』(幻冬舎新書)//年老いる前に、この本に触れられる事はすざまじい利点となるだろう。”
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-13 02:28:01:1507829281:1508663464
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応