文部省教科書『民主主義』と尾高朝雄 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<2015年の安保法制をめぐる騒動以来、「立憲主義」や日米安保体制に関する本が多く刊行されてきたが、そのなかで眼を惹いたのが1948年~53年度の社会科教科書『民主主義』の新版の増刷だ。実はこの本、法哲学者の尾高朝雄が作成に大きな役割を果たしており、そこで展開されている洞察は、21世紀の現代、ますます重要な意義を持っている> 二〇一五(平成二十七)年の安保法制をめぐる騒動については、まだ記憶に新し...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1medicineman@hatena 2017/09/13 19:26:10
苅部直
2mazmot@hatena 2017/09/13 22:54:44
参考: http://tkira26.hateblo.jp/entry/2016/02/26/011301 , http://jj57010.web.fc2.com/writings/20160730odaka.pdf , http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170913225713.pdf?id=ART0000858212 , https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=236&file_id=18&file_no=1
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-13 19:16:01:1505297761:1510983190
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応