内田樹「『働き方改革法案』が『地方移住の決定打だった』と回顧される日が来るだろう」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点か...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1j3q@hatena 2018/06/13 09:11
地方ほど家族主義的な旧来の働き方(盆と正月以外は働くのが普通)が残っていそうだが
2koink@hatena 2018/06/13 09:28
地方創生の太陽政策が空振りに終わり、都市労働者への北風政策が地方移住者増加につながればダメ政治ぶりが露呈される。皮肉な結果だが、意外によくある現実だ。
3akupiyo@hatena 2018/06/13 14:25
“農村の過疎化が深刻な韓国で農村人口がV字回復している。若い人たちの地方移住が増えているのである。”
4yetanother@hatena 2018/06/13 19:57
地方にブラックがないかというと全くそんなことはないんでね。海外「研修」制度なんて人身売買まがいなものまである。
5kingate@hatena 2018/06/13 20:49
とうとう妄想が脳を覆い尽くしたようだ。韓国が好きなんだから老後は韓国で年金をお使いになられるといい。マジで。
6h1roto@hatena 2018/06/13 21:29
妄想はご自由に。田舎の昭和的労働慣行&高プロの地獄コンボに飛び込む若者なんて出てくるか?
7tukinoha@hatena 2018/06/13 21:33
この点の「地方で新しい働き方を」という議論は、非常に無責任だと思う。本気でそれが持続可能なシステムだと考えているのだろうか?
8y0155003@hatena 2018/06/13 22:12
賃労働以外の生き方って何だろう。自営業?YouTuber?自給自足?それと地方移住の関係がよく分からない・・
9TequilaBancho@hatena 2018/06/13 22:24
この人は何の専門家なんだろう。トンチンカン。
10the_sun_also_rises@hatena 2018/06/14 03:21
韓国で農村人口がV字回復って初めて聞いたよ。内田氏の政治的発言は?な内容が多いので僕は裏を取るように努めている。そこで「韓国で農村人口がV字回復」のエビデンスを探しているけど見つからない。誰か知らない?
11yamatedolphin@hatena 2018/06/14 03:32
こいつ、高度プロフェッショナル制度いついて多分なんも知らないな。
12possesioncdp@hatena 2018/06/14 07:45
ほんまにもうろくしとるな内田さん。
13afurikamaimai@hatena 2018/06/14 08:54
よく知らないことにも聞かれたら答えるぞ・・・ってスタンスは昔から変わらんな。打率はどんどん落ちてるけど。聞きに行くほうが悪いよ。/都市も田舎も、スナック感覚でメディアに消費されてるだけだなって分かる。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 13:24:01:1528863841:1529519965
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応