リベラルは失敗から学んだのか -拉致問題と三浦瑠璃の「スリーパーセル」発言から考える議論の方法 | Football is the weapon of the future

  北朝鮮の「スリーパーセル」(浸透工作員)を描いた映画で、私が大変印象深く記憶にのこっているのは、映画『レッドファミリー』だ。 韓国に潜入し、暗殺も含めた特殊工作に従事する工作員が、一般人に浸透するために、郊外の贅沢な一軒家で生活を営む。家族という設定で、工作員同士でファミリーを偽装する。北朝鮮の「スリーパーセル」(浸透工作員)を描いた映画で、私が大変印象深く記憶にのこっているのは、映画『 レッ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1lololo@hatena 2014/03/14 15:33
問題を起こしたのが浦和のサポーターなら、この問題を糾弾する動きを素早く起こしたのも浦和のサポ-だだが、李忠成が受けた心の傷はかなり深いはず。潜在的な浦和サポーターとして、深くお詫びする。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 01:41:02:1518540062:1534272235
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応