「現代野菜の栄養価は低い」は本当か? | 健康をつくる栄養学のキホン | 成田崇信 | 毎日新聞「医療プレミア」

「昔の野菜と比べて、現代の野菜の栄養価は低い」といううわさが根強く流通しています。私が初めて聞いたのは20年以上も前でした。「ただ野菜の形をしているだけで、栄養を取れないのだから食べても意味がない」という極端な話までありました。 「現代野菜の栄養価が低い」といううわさの根拠として、次の3点がセットで挙げられることが多いようです。 (1)化学肥料の使い過ぎで土地が痩せ、野菜がしっかり育たない(2)味...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1okusa75@hatena 2017/10/12 13:53:29
「西洋種やえぐみの少ない品種が増えたため、栄養価が下がったケースがあるかもしれませんが」いや、その話をしてるんだろ?
2ranobe@hatena 2017/10/12 18:11:05
『食品標準成分表』1950年に発行された初版では旬に収穫された野菜の栄養価が記されており、1982年の四訂版では旬以外に収穫された野菜も含まれているため、その野菜の栄養価は低くなっている https://goo.gl/cRsP2F
3Diomedeidae@hatena 2017/10/12 18:31:01
うーん、示された理由だけだと判断つきかねるけど、測定条件が違いすぎると年代による比較はあまり意味ないような気が。。。/他の国でも年代によって栄養価の減少は見られるのだろうか?調べてみよう。
4privates@hatena 2017/10/13 13:30:56
「現代野菜の栄養価が低い」といううわさ。これ、アムウェイの販売員が言ってた(知人に無理矢理連れて行かれた)。だから、アムウェイのビタミン剤を買いなさい!と。風説の流布というやつです。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-12 08:29:01:1507764541:1508676798
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応