「現代野菜の栄養価は低い」は本当か? | 健康をつくる栄養学のキホン | 成田崇信 | 毎日新聞「医療プレミア」

「昔の野菜と比べて、現代の野菜の栄養価は低い」といううわさが根強く流通しています。私が初めて聞いたのは20年以上も前でした。「ただ野菜の形をしているだけで、栄養を取れないのだから食べても意味がない」という極端な話までありました。 「現代野菜の栄養価が低い」といううわさの根拠として、次の3点がセットで挙げられることが多いようです。 (1)化学肥料の使い過ぎで土地が痩せ、野菜がしっかり育たない(2)味...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1filinion@hatena 2017/10/09 00:12
1.測定方法や単位が変わっているので単純な比較は難しい。 2.食べやすく品種改良された結果栄養成分が少なくなったものもあるが、逆に多くなったものもあるので一概には言えない。 3.有機栽培でも成分は変わらない。
2Rion778@hatena 2018/03/05 09:51
「50年前に比べて半減」だけ独り歩きしてる感じあってアレだったけど50年前と分析方法が同じわけないよな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-12 08:29:01:1507764541:1534543116
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応