岡田武史をかばった犬飼会長の言葉/犬飼元会長1 - 日本代表 : 日刊スポーツ

ワールドカップ(W杯)まで約2カ月のタイミングでハリルホジッチ監督が突然解任され、緊急避難的に西野ジャパンが結成された。準備期間もなく、初戦コロンビア戦(日本時間19日午後9時、サランスク)は目前に迫る。自国開催の2002年W杯日韓大会をのぞき、海外開催のW杯では10年南アフリカ大会での岡田ジャパンだけが唯一、1次リーグを突破している。当時、最終責任者としてチームを支えた犬飼基昭元日本サッカー協会...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1skythief@hatena 2018/06/13 18:26
"日本のサッカーファン、スポーツを愛する皆さん、そしていい時も悪い時も長きにわたり日本サッカーを支えてくださった企業の方々へ"   頭の呼びかけの順番からしてバリバリ意識してる
2klaftwerk@hatena 2018/06/13 20:22
犬飼さん、語りかけ最初から田嶋会長の挨拶との対比を示してるなあ。本来はこういう順番で挨拶せなあかんよ。
3shimokiyo@hatena 2018/06/13 22:05
"岡田監督を指名したのは私ではない" ハリル体制を崩した田嶋会長を腐してるな。こういう長文は複数回に分割すると言いたい事が伝わらない可能性高いのスポニチわかってなさそうだな。
4differential@hatena 2018/06/13 23:30
田嶋を認めてない犬養の当てこすり的寄稿/JFAはほんと派閥争いの巣窟になっちゃってるよなぁ…
5yoyoprofane@hatena 2018/06/13 23:34
うはー、これはすごい
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 10:33:02:1528853582:1529519360
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応