ロンドン自然史博物館、シロナガスクジラの全身骨格標本を宙吊りで展示する すげええええええええ - アクアカタリスト

Image: dailymail 7月13日、イギリス・ロンドン自然史博物館の入口から直接繋がる中央ホールにシロナガスクジラの全身骨格標本が展示された。 この標本のクジラは1891年にウェックスフォード近くのビーチに打ち上げられていた個体で、それ以来大切に保管されていた。 世界でもトップクラスの自然史博物館として知られているロンドン自然史博物館。お客さんの一番初めに出迎えるのは入口から直接繋がる中...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1yu-kubo@hatena 2017/07/17 08:50:30
“非常に古い標本であるため隙間が多かったため、技術者らによって新聞紙などを用いて一つ一つ丁寧に埋められていったという。また、右ヒレの一部の骨が失われていたため3Dプリンターで再現されたとのこと。”
2taron@hatena 2017/07/17 21:22:48
地震が来たら怖いなあとか、熊本地震以来そういう思考になってしまう。地震があまりないロンドンだからこその展示って感じがするな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 02:26:01:1500225961:1511010744
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応