独2大政党、大連立発足に向けて「画期的」な合意 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

独ベルリンの大統領府で談笑する、アンゲラ・メルケル首相(右)と社会民主党(SPD)のマルティン・シュルツ党首(2018年1月9日撮影)。(c)AFP PHOTO / John MACDOUGALL 【1月12日 AFP】アンゲラ・メルケル( Angela Merkel )独首相率いる保守系与党のキリスト教民主・社会同盟( CDU・CSU )と第2党の社会民主党( SPD )は12日、新たな「大連立...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1eirun@hatena 2018/01/13 04:27:38
9月の選挙後3ヶ月つかってやっと組閣にこぎつけた。しかし同床異夢の連立政権なのでメルケルの指導力低下は免れえない。
2unijam@hatena 2018/01/13 14:03:03
“連立政権が発足した場合にフランスとの緊密な連携の下、ユーロ圏の強化を図ることや、亡命希望者の受け入れを年間18~22万人程度に制限することなどが盛り込まれた。”
3gryphon@hatena 2018/01/13 18:31:19
こういうのを見ると、「選挙制度に正解ナシ」って実感するなー。ドイツが小選挙区だったら、良くも悪くもこうはならなかったろうし、これならメルケル首相に自由な解散権があれば…とだって思える。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-01-12 20:20:02:1515756002:1516136596
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応