アメリカは欧州を「タダ乗り」させるためにNATOを作ったのに | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ドイツの軍事費を小さくさせたのはアメリカだった(NATO首脳会議で気まずいメルケル独首相とトランプ米大統領) Reinhard Krause-REUTERS <トランプはヨーロッパ諸国の安保「タダ乗り」を非難するが、「タダ乗り」はNATOの欠陥などではなく、アメリカの大戦略の特色だ> 7月12日までベルギーのブリュッセルでNATO(北...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1kaos2009@hatena 2018/07/12 22:44
。「なぜ私たちは突如、アメリカがヨーロッパに『食い物にされている』という怒りに捕らわれてしまったのか。まさにそれが制度の狙いなのに、なぜ忘れてしまったのか。そう仕組んだのはアメリカなのに」
2questiontime@hatena 2018/07/12 23:00
NATOの弱体化こそ、ロシアがトランプを米大統領にしたかった理由だろう。
3tom201410@hatena 2018/07/12 23:10
そうしてみると、オバマが世界の警察から降りるといったのと、トランプのコレとは大して変わらないんだな。
4PROOF@hatena 2018/07/13 00:22
でけえ事言わなくちゃ誰も関心持ってもらえないからな。
5Gl17@hatena 2018/07/13 01:18
米が軍事力で一強なのはそのプレゼンスで自由主義圏維持の為でもあり、その中で覇権を維持する為でもあり。欧州に対等負担しろと迫るなら、立場も対等になるのでトランプが偉そうに口出しできる筋合いも失せる。
6aomeyuki@hatena 2018/07/13 03:23
商人がそのままの感覚で政治を行うという新しい政治の形を我々は目撃しているんだと思う。これまでの政治家は経済は考えても商売では無かったのだから。
7yingze@hatena 2018/07/13 06:23
大戦略が変わったんじゃないの? オバマも世界の警官辞めた宣言したよね。
8ookitasaburou@hatena 2018/07/13 07:16
“彼らの推計によれば、ヨーロッパに対するアメリカの直接的な防衛負担は、2017年が307億ドル、2018年も”
9sds-page@hatena 2018/07/13 08:37
モンロー主義再び
10quick_past@hatena 2018/07/13 11:38
望遠鏡のメンテ程度で高コストなスペースシャトルなんかで遠回りしなきゃよかったのかも。そのてんブランを早々に諦めたソビエト・ロシアは先見性があった。
11corydalis@hatena 2018/07/13 12:44
そもそも先の大戦では欧州は疲弊しきってそれどころではないのに、対共産主義というアメリカの勝手な都合で無理やり同盟を組まされたのがNATOだろ。そんなにNATOが嫌ならアメリカは単独で対ロシアをやればよろしい。
12Yoshitada@hatena 2018/07/13 14:40
普通に考えて、出資比率が高まればその分、言うことを聞かなくなると思うのだが、まぁ、トランプは普通じゃないからなぁ。
13R2M@hatena 2018/07/13 21:45
んー?良く分からない。アメリカにとってロシアの脅威とは何なのか、EUが言うことを聞かなくなるってつまり今は言う事に従わなければならない状況が継続しているという事なのか、良く分からない
14filinion@hatena 2018/07/13 22:32
自主国防は隣国同士の軍拡競争と疑心暗鬼、ナショナリズムを煽り、地域を不安定化させる。「お前らまとめてアメリカが守ってやるよ!」と乗り込むことで世界が安定すれば、結局はアメリカ自身も利益になる…と…。
15paravola@hatena 2018/07/14 11:28
(有権者がもう御免と言ったのだろう)アメリカが描く大戦略において、他国による「タダ乗り」は制度上の欠陥などではなく、むしろ特色と言える/国家主義的再軍備を食い止めた
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 13:24:01:1531369441:1531687935
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応