【山田祥平のRe:config.sys】ねぇGoogle、歌って踊れってつぶやいて - PC Watch

ようやく日本にもGoogle Homeがやってきた。音声で応答するスマートスピーカーのトレンドは欧米に遅れることほぼ1年といったところだろうか。果たしてこの目新しいクラウドUIは普及するのかどうか。今回は、その可能性について考えてみる。 クラウドと音声をやりとり  Google Homeは、音声でGoogleのサービスを利用するためのデバイスだ。AI内蔵スピーカーととらえられることがあるようだが、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1deep_one@hatena 2017/10/13 10:36:36
なぜスマホ版は「ねぇ」への対応がまだなんだろう?
2ume-y@hatena 2017/10/13 10:55:36
いいかも。
3fashi@hatena 2017/10/13 11:47:06
音声認識ってどう言えばうまく伝わるのかわからなくて躊躇するので、使いこなしてる人を見ると羨望の念を抱く
4p260-2001fp@hatena 2017/10/13 11:54:21
Google Homeの挙動について。知らなかったので参考になる。『センシティブな個人情報について尋ねた場合は、本人の声にしか対応しない』『6人まで』『Googleが、このデバイスで何をしたいのか』
5YaSuYuKi@hatena 2017/10/13 13:17:59
質問の回答候補に広告を入れられるのでは。何かを買うと解決できる質問だと、広告のある商品を答えるとか
6sds-page@hatena 2017/10/13 15:47:25
各家庭から抜き出した生活データを統計処理を施した上でどっかに売るんだろう
7Windblume2007@hatena 2017/10/13 19:18:48
“Googleが、このデバイスで何をしたいのか。”音声データでAI強化したいんだろうけど、どうやって儲けるんだろうってところだよね。Amazonは何か売れればいいし、Appleはスピーカーを打って儲けるんだけど。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-10-13 04:36:01:1507836961:1513379547
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応