野木亜紀子が振り返る、『アンナチュラル』の成功 「自分が面白いと思うものをつくっていくしかない」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

石原さとみが主演を務めたドラマ『アンナチュラル』のBlu-ray&DVD-BOXが、7月11日に発売された。不自然死究明研究所(UDIラボ)で働く、死因究明のスペシャリストである解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)らが、“不自然な死(アンナチュラル・デス)”の裏側にある真実を突き止めるため奮闘する模様を描いた本作は、2018...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mugi-yama@hatena 2018/07/11 20:24
シンキングタイムって何?/「事前にすべて撮影」ってどゆこと?/細かいこと忘れちゃったので第何話って言われても…注でもつけてくれたら
2yako_baum@hatena 2018/07/12 09:46
『たぶん、腐ってあきらめないことが大事なのかも。私もミコトを見習いたいなといつも思ってます。』
3maturi@hatena 2018/07/13 08:57
赤松健的なアプローチ(受けるモノを徹底的にリサーチして作る系)と
4khtno73@hatena 2018/07/16 18:55
脚本、キャスト、演出、劇伴全てにおいてハイクオリティだった。昔はあんまドラマ見なかったけどここ数年のTBSのドラマは打率高いわ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-11 08:21:02:1531264862:1531817869
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応