地元女性たちが運営する指宿市立図書館、クラウドファンディングで日本最高額の1000万円達成

九州の南端にある鹿児島県指宿(いぶすき)市。その二つの市立図書館を指定管理者として運営するNPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」が7月14日、クラウドファンディングで 1000万円を達成した 。図書館活動のクラウドファンディングとしては、東京・渋谷にある「森の図書室」が2014年に 達成した953万円 を抜いて、国内最高額を更新した。 「そらまめの会」は、地元の有名企業でもなければ、全国で指定...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1archivist_kyoto@hatena 2017/07/17 17:53:02
おー。あ、参加しそびれてる…
2b-zou3@hatena 2017/07/17 19:57:44
美談でもなんでもない話。個人の善意にすがり、税金を出し渋るのは国の恥でしかない。知の権利すらまともに守られないんだね。
3isaac_asimot@hatena 2017/07/17 23:31:59
東大図書館の冷房もどうか。"今の自分があるのはあそこで受けた教育のお陰"ちゅ人があるなら、金も集まろう。寄付者の数が学問の価値だとも言張れよう(国がぁ,文科がぁ,ではな)
4tomoyorimo8521@hatena 2017/07/18 09:48:56
良い話だけど市の対応にモヤモヤ…。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-07-17 11:51:02:1500259862:1500827245
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応