仮想通貨、強制執行できず 交換会社「技術的に困難」  :日本経済新聞

裁判所が仮想通貨口座の資金の差し押さえ命令を出したのに仮想通貨交換会社が「技術的に困難」として対応せず、強制執行できない状態になる事例があったことが13日、分かった。仮想通貨を確実に強制執行する仕組みは未整備で、専門家は「差し押さえ逃れや資産隠しに悪用される恐れもある。対策が必要だ」と指摘している。  差し押さえを申し立てたのは70代の女性。代理人の藤井裕子弁護士によると、2016年5月、埼玉県内...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1memoryalpha@hatena 2018/06/13 17:38
“埼玉県内の業者から「転売すれば利益が出る」と勧誘され、約50万円相当の仮想通貨を相場の30倍の1500万円で購入させられる”"ウォレットは当社で管理していない。技術上、二重払いの危険があり、返還できない"
2yuma300@hatena 2018/06/13 18:26
DEXのフロントエンドだけ用意して使わせたら刺されるという 流れが濃厚になってしまったなあ。。。 仮想通貨、強制執行できず 交換会社「技術的に困難」:日本経済新聞
3serio@hatena 2018/06/13 20:05
やはり仮想通貨はevil
4nakex1@hatena 2018/06/13 20:35
業者によって対応が分かれてるみたいだから,金融庁が標準的な対応を策定して各業者に指導することになるのかな。
5ustam@hatena 2018/06/13 22:00
仮想通貨の理念を考えたら、GMOが間違ってるんだろうね。仮想通貨は、良くも悪くも一度世に出たら一人歩きして制御不能になる。しかし、存在自体を法規制するのは強行すぎ。強制執行については法整備すべきと思うが。
6ryunosinfx@hatena 2018/06/13 22:27
別に現金でも変わらなくね?という気が。まあ交換会社が事実上の銀行になるんやな。
7koinobori@hatena 2018/06/13 22:55
「タンス仮想通貨」は別に仮想通貨に限った問題ではないのでは、とは思う
8kaos2009@hatena 2018/06/14 00:16
[ウォレットが凍結されなかったため業者が仮想通貨を移動させた形跡がみられたが、代金返還は停止したまま。被害者側は資金を回収できない状態が続いており、藤井弁護士は「交換会社側が強制執行に応じなければ、被
9goodstoriez@hatena 2018/06/14 00:21
原理的に差し押さえとかを「出来なくした」のが仮想通貨の筈なのに既存金融のアナロジーでこんなこと言われてしまうのか…
10possesioncdp@hatena 2018/06/14 07:35
悪い点ばっかり優れとるな
11u8beeeaaat@hatena 2018/06/14 08:49
ペーパーウォレット最強
12web_shufu@hatena 2018/06/14 09:41
“管理者のいない仮想通貨は公権力による差し押さえなどを想定していない。技術的にも確実な強制執行を担保するのは不可能”
13proverb@hatena 2018/06/14 09:56
根本的に非中央集権の仕組みだから中央集権的な対応は原理的に難しい
14ya--mada@hatena 2018/06/14 10:00
現金(しかも外貨)しか資産がない状況ならこうなるか。
15Kil@hatena 2018/06/14 11:13
「タンス仮想通貨」ってまたすごい単語出てきたな感。やはりそのタンスも仮想タンスなんだろうか。
16You-me@hatena 2018/06/14 13:49
一定額のプールがある程度じゃダメそうね
17paravola@hatena 2018/06/14 20:22
(本人に直接命令すればいいのでは)「ウォレットは当社で管理していない」/弁護士は「交換会社側が強制執行に応じなければ、被害救済が難しくなる」と問題視している
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-06-13 11:16:01:1528856161:1534313602
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応